まぶたのたるみもブルーベリーで解消できるの?

もともと目が小さいとしても、まぶたにハリがあればアイシャドウやアイライナーで大きく見せられます。
ですが、まぶたがたるんでいると、目が小さく見えてしまうので女性にとっては大きな悩みですね。
まぶたのたるみを解消するには眼球トレーニングやマッサージなどがありますが、実はブルーベリーも解消に一役かってくれるのです。

 

まぶたのたるみの原因

 

皮膚がたるむ原因というと、ハリや弾力を保つ働きをするコラーゲンやエラスチンの減少を思い浮かべる方も多いでしょう。
もちろんハリ弾力成分が不足することもまぶたのたるみの原因にはなります。
ですが、他の部位よりも皮膚が薄いまぶたの場合は、眼精疲労や疲れ目が原因になります。
最近はスマホやパソコンの普及で目を酷使することが増えています。
酷使することで起こる疲労を毎日解消できれば良いのですが、目は眠るまで使い続けるため、どうしても疲労が蓄積します。
この疲労は筋肉を衰えさせてしまいます
そのため、まぶたはどんどんたるんで目の内側に負担がかかり、さらに眼精疲労が蓄積してまぶたがたるむという悪循環になるのです。

 

ブルーベリーで疲れ目解消

 

ブルーベリーには、直接たるみを解消する成分は含まれていません。
ですが、アントシアニンやビタミンAなど疲れ目を緩和する成分が含まれています
これらの成分は他の食材からも摂取できますが、ブルーベリーの含有量は普通の食材の何倍にもなります。
ですので、ブルーベリーを摂取すれば効率よく疲れ目を解消できます。

 

この効果は24時間持続すると言われているので、毎日ブルーベリーを摂ることで疲れを翌日に持ち越しません。
眼精疲労などが改善できれば筋肉疲労も蓄積しませんから、まぶたのたるみ解消に効果が期待できるのですね。

 

ビタミンCでコラーゲン補強

 

ブルーベリー自体にはたるみを解消する効果はないものの、含まれる成分には解消効果が期待できます。
その成分とはビタミンCです。
肌のハリや弾力を保っているのは、真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンです。
特にコラーゲンは、網目のように張り巡らされていて皮膚のハリを保っています。
ビタミンCはコラーゲンの合成に関わっているので、不足すると生成がストップし肌のハリが失われてしまいます。
つまり皮膚であるまぶたのたるみにもつながります。
ブルーベリーにはビタミンCが含まれていますから、不足分を補うことでコラーゲンの生成を促し、まぶたのたるみの改善に効果を発揮してくれます。

 

ブルーベリーならまぶたのたるみの原因から解消してくれるので、悩んでいる方は意識して摂取するといいですね。