ブルーベリーで老眼対策・老眼予防ができるの?

40歳を超えたあたりから、視力に変化はないけれど少しずつ近くのものが見えづらくなるというのは老眼です。
老眼になったとしても日常生活に支障はないかもしれません。
しかし、老眼は進行するため対策が必要ですし、できれば発症しない方が良いので予防法や対策法を実践しておきましょう。

 

老眼とは

 

老眼とは、長年目を使い続けることでピントを合わせる機能が低下し、近くのものにピントを合わせづらくなる症状です。
そのため年齢を重ねた人に発症しやすいと言われています。

 

目というのは、水晶体が厚くなったり薄くなったりしながら、角膜から入ってくる光を屈折させます。
この屈折させた光を網膜に映し出し、網膜が電気信号を脳に送ることで見えると認識します。
近くのものを見るときは、水晶体が素早く厚みを出してピントを調節しなくてはいけません。

 

ですが目が疲れていたり、加齢によって水晶体の弾力が低下すると、厚みを出す力が弱まるためピント調節機能が衰えます
そのため近くのものを認識しづらくなる老眼が引き起こされるのです。

 

また今は中高年だけではなく、若い世代にも「スマホ老眼」という老眼と同じような症状を起こしている人がたくさんいます。

 

老眼の対策法

 

老眼は極端に言えば、誰にでも起こり得る目のトラブルです。
水晶体の劣化には特定の原因があるわけではないため、避けることはできません。
ですが、老眼をそのままにしておくと、目の疲れが増加したり肩こりや頭痛が発症することもあります。

 

ですので近くのものが見えにくいと感じたら、早急に対策して進行を防ぎましょう。

 

老眼対策で必要なのは、目に疲れを溜めないことです。
目が疲れると、水晶体の働きがさらに低下しますし、疲労によって老化が促進されてしまいます。
対策法として効果的なのは、視界をぼやけさせることです。

 

窓の外を見て、数メートル先に対象物を決めたら、それがぼやけるように視力を合わせてください。
これだけでピント調節機能を休ませることができます。

 

ブルーベリーで予防と対策

 

加齢によって起こる老眼は完全に防ぐのは無理ですが、水晶体の劣化を遅らせることで予防は可能です。
また、老眼が始まってしまっても、水晶体への負荷を減らせば対策できます。

 

ブルーベリーには老化を遅らせる抗酸化作用を持つアントシアニンが含まれています。
もともと目の疲れの改善効果が期待できるので、水晶体の劣化を防ぐ効果も期待できます。
ブルーベリーは目の機能の不具合全体にアプローチしますから、老眼の予防や対策に取り入れていきましょう。

 

老眼はなってみて初めてその不便さを実感します。
ですので、年齢のせいだからと諦めずに、できれば発症する前にブルーベリーで予防対策を始めるのがおすすめです。