子供の疲れ目対策にはブルーベリーがおすすめ!

携帯ゲームやスマホの普及によって、現代の子供たちは目を常に酷使して疲れ目になりやすい環境にあります。
本来ならこういったデバイスは使わないのが一番ですが、今や子供同士のコミュニケーションツールにもなっているので難しいですね。
ですが子供の疲れ目は視力低下を招く原因にもなるので、ブルーベリーで安全に視力を回復してあげましょう。

 

子供の疲れ目のチェックポイント

 

子供というのは、自覚症状があっても目の疲れを理解していないことがあります。
また、いくら親が気をつけていても、目が疲れているかどうかは第三者では判断できません。
そのため子供の疲れ目に気がつかず、対策が遅れてしまうことが多いのです。

 

子供の疲れ目に早く気がつくには2つのチェックポイントがあるので、しっかり覚えて気にかけてあげましょう。

 

1つ目のチェックポイントは、物を見るときに目を細めていないかということです。
目が疲れてくると焦点を合わせづらくなるため、自然に目を細めてしまいます。

 

もう1つのチェックポイントは、目の充血です。
目を酷使すると、疲れを回復させるために酸素や栄養をたくさん取り込もうとします。
酸素や栄養は血液に運ばれてきますから、目の血液量が増えることで血管が膨らんで充血してしまうのです。

 

疲れ目を起こさないようにするには

 

子供は回復力が高いので、疲れ目になっていてもすぐに症状は改善されます。
しかし疲れ目が慢性化すると、網膜などのダメージが回復しづらくなってしまいます。
ですので、例え回復するにしても、疲れ目が慢性化しないようにしてあげましょう

 

そのためにはゲームなどデバイスの使用を制限するしかありません。
ですが、今まで好きなように遊んでいたのに、突然使用や時間を制限されるというのは子供でも面白くないでしょう。
そこで子供には、携帯ゲームなどの目への影響、視力が低下することの大変さなどをしっかり教えてあげてください。

 

また、視力が落ちれば眼鏡使用になりますし、眼科での視力回復トレーニングが必要になることも教えて、目の大切さを分かってもらえるといいですね。

 

ブルーベリーの効果

 

ブルーベリーは疲れ目の改善効果が期待できます。
毎日ブルーベリーを食べさせるのも大変ですからやっぱりブルーベリーのサプリメントがおすすめです。
ゲームやスマホ、パソコンなどをかなり使っている場合はさらにルテインが入っているものを選ぶといいでしょう。

 

ブルーライトによる網膜へのダメージを軽減したり、網膜の働きをサポートしてくれるので、子供の疲れ目にもおすすめです。
子供の場合、一度視力が低下すると進行が早く、中には外科的な手術が必要になることもあります

 

手術は100%安全ではありませんから、失敗のリスクがあるのも事実です。
小さい子供にそのようなリスクを負わせないためにも、ブルーベリーで普段から疲れ目を解消して視力低下を防いであげましょう。

 

ブルーベリーサプリメントなら毎日摂ることができ疲れ目を改善できるので、子供にぴったりの対策法と言えますね。