加齢黄斑変性症にもブルーベリーやルテインのサプリメントが!

起きている間は常に視力を使うので、目にトラブルや病気が起こると日常生活を送る上で支障が出てしまいます。
目を酷使しているのにケアしなかったり、血行不良を引き起こす喫煙などを続けていると重篤な病気になることがあります。

 

その病気の中でも、もっとも重篤と言われている加齢黄斑変性症です。

 

加齢黄斑変性症は、50歳以上の人の中で約1%が発症する疾患です。
アメリカでは失明原因の第1位、日本でも第4位となっています。
比較的近年になって認知されてきた病気というのもあり、まだその治療法も確立されていません。

 

このケアは可能なのでしょうか?

 

加齢黄斑変性症とは

 

網膜の中心には、黄斑という組織が存在しています。
黄斑には色や明暗、物の大きさや形を識別するための細胞が集まっているので、視力を保つための重要な役割を持っています。
視力の低下や物が歪んで見える、視界の一部が欠けるなどの異常が起こるのは、この黄斑が何らかの障害を受けていると考えられています。

 

このように黄斑が障害を受けている状態が加齢黄斑変性症です。

 

加齢黄斑変性症は、滲出型と萎縮型の2種類があります。

 

滲出型は、加齢によって新生血管が作られることで発症します。
新しい血管はもろいので、血管から水分や血液がにじみ出てしまい黄斑に障害を与えます。

 

萎縮型は、加齢によって黄斑が萎縮することで発症します。
滲出型より進行速度は遅いものの、新生血管が作られる可能性もあるので、しっかり経過観察しなくてはいけません。

 

加齢黄斑変性症の対策

 

加齢黄斑変性症の予防や進行を防ぐには、まず網膜へのダメージをブロックすることが重要です。
パソコンなどで目を酷使する方は、眼睛疲労や疲れ目のケアをしっかり行いましょう
また、紫外線は目へのダメージが大きいので、日傘や帽子、サングラスなどで目を守ってください。
食生活においては、黄斑に存在するルテインの摂取を心がけましょう。
ルテインは加齢黄斑変性症の予防だけではなく、視力回復効果も期待出来るので、ルテインを多く含む緑黄色野菜を摂るようにするといいですね。
喫煙の習慣がある方は、血行不良やビタミンCの減少を引き起こすので、本数を減らすか禁煙するのが効果的です。

 

ブルーベリーで加齢黄斑変性症を予防しましょう

 

ブルーベリーには、血行不良の原因となる活性酸素を取り除く抗酸化物質が含まれています。
この働きによって、網膜の血流を改善する効果が期待できます。
黄斑を含む網膜の血行が良くなると、黄斑部の変性脂質の働きが抑えられるので、加齢黄斑変性症の予防につながります。
また血液によって栄養や酸素が十分に送られると、網膜や黄斑部の機能が回復するので、喫煙者であっても発症リスクを軽減できます。
加齢黄斑変性症は、進行すると視力が失われる可能性もあるので、ブルーベリーを意識して摂取して予防を心がけましょう。

 

 

ブルーベリーをサプリメントで摂取する場合は、ルテインも配合されたものもあります。
加齢黄斑変性症にはルテインの摂取もとても大切です。

 

ブルーベリーの抗酸化物質とルテインを同時に効果的に摂取するためにはやはりサプリメントがおすすめです。