ブルーベリーのアントシアニンの効果

ブルーベリーに視力回復効果が期待できるのは、アントシアニンが含まれているからです。

 

アントシアニンが目に良い、というのは比較的よく知られています。
ですがどのように目に働くのか、他に効果があるのかなど詳しいことは分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

アントシアニンとは

 

アントシアニンというのは、ブルーベリーの鮮やかな青紫色を発色させている色素です。
色素と聞くと、色づけするだけの働きしかないように思えますね。
ですが、植物に含まれるアントシアニンというのはメラニン色素と同じ働きをしています。
メラニン色素は、刺激を受けたり紫外線を浴びると生成されます。
しみや日焼けの原因となるメラニン色素ですが、これは細胞のダメージを軽減させるために作られています。
メラニン色素がダメージを受けることで、細胞の核が変性したり破壊されるのを防げるのです。
アントシアニンも同じで、植物がダメージを受けると生成されて、細胞を守っている重要な役割を持っています

 

アントシアニンの目への働き

 

ブルーベリーの中では細胞を守るアントシアニンですが、人間が摂取すると網膜に対して働きます
目を酷使すると、疲れ目になったり視界がぼやける、視力が低下するなどの症状が発生します。
これは、網膜で物を認識するために働くロドプシンの再合成が遅れてしまうからです。

 

ロドプシンの合成が遅れると、物を認識する力が弱まるため目のトラブルが起こるのです。

 

アントシアニンはロドプシンの合成を促してくれるので、疲れ目やぼやけ、かすみ目、視力低下の改善効果が期待できます。
さらに、白内障や緑内障の改善や症状の緩和効果も期待できると言われています。

 

目以外への効果とは

 

ポリフェノールには、活性酸素を取り除く抗酸化作用があります。
アントシアニンはポリフェノールの一種ですから、抗酸化作用も持っています。
活性酸素が大量に生成されると、正常な細胞を攻撃して機能を低下させたり、細胞を酸化させて老化を引き起こします。
アントシアニンはこの活性酸素を取り除いてくれるので、アンチエイジング効果も期待できます。
また、マウスを使った実験では、メタボリックシンドロームを引き起こす内臓脂肪の蓄積を防ぐという結果が出ています。
ですので生活習慣病の予防や動脈硬化を防ぐ効果も期待できるかもしれません。

 

アントシアニンで目の機能を改善したり、健康への効果得るには1日に30mg以上摂取することが推奨されています。
これだけの量をブルーベリーだけで摂るのは難しいので、サプリメントを活用して目や体の健康に役立てましょう。

 

アントシアニン以外のブルーベリーの有効成分

 

疲れ目に効くブルーベリーの有効成分と言えば、真っ先に思い浮かぶのはアントシアニンですが、
ブルーベリーが目に良いと言われるのはアントシアニンが入っているからだけではありません。
実は疲れ目に効果的なビタミンやミネラル類も含まれているので、これらの成分を検証してみましょう。

 

コラーゲンの生成に関わるビタミンC

 

ビタミンCは、メラニン色素還元作用による美白効果や皮脂の分泌をコントロールしてニキビや吹き出物を改善する美容成分として知られています。
さらにビタミンCにはコラーゲンの合成をサポートする働きも持っています。
目とコラーゲン、一見何の関係もないように思えるかもしれません。
しかし、コラーゲンは血管を作る材料なので、目の周りにある毛細血管を強化するために必要な成分です。
コラーゲン不足で毛細血管がもろくなると、代謝が滞って疲れ目を招くのです。
ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるので、毛細血管を修復し代謝を正常化して疲れ目を解消してくれます。

 

βカロテンが細胞の生成を促進

 

βカロテンは、体内に吸収されるとビタミンAに変換されます。
ビタミンAはロドプシンを構成する主成分なので、摂取することでロドプシンの再合成をスムーズにします。
これだけでも疲れ目による機能低下を防ぐ効果が期待できます。
しかし、ビタミンAは結膜や角膜など目の細胞の生成をサポートする働きも持っています。
これらの細胞が劣化すると、目が受けたダメージを回復できないため、疲れ目も改善できません。
ビタミンAはダメージ回復に必要な新しい細胞の生成をサポートするので、疲れ目に効果的なのですね。

 

ミネラル類が目の健康を維持

 

あまり知られていませんが、ブルーベリーにはカリウムやカルシウムなどのミネラル類も豊富に含まれています。
カリウムというのは、水分バランスをコントロールするミネラルで浸透圧を正常化してくれます。
この働きは、眼圧などのバランスを整えて筋肉の収縮活動をスムーズにして目の健康を維持します。
カルシウムには、骨を構成するだけではなく眼球を包む膜や角膜、白目を覆う強膜の働きも助ける働きを持っています。
つまりカルシウムが不足すると、角膜や強膜の機能が衰えることになるのです。
ブルーベリーは目の健康を守るミネラル類を含有しているので、疲れ目の改善にも役立ってくれます。

 

ブルーベリーには、他にも抗酸化力が高いビタミンEやポリフェノールが含まれています。
さらに末梢神経のダメージを修復するリンなど目に必要な栄養素がいろいろ含まれているので、疲れ目を感じたらブルーベリーを摂取することが推奨されるのです。

 

 

 

どのくらいを摂取すればいいの?

 

ブルーベリーには、視力に働くロドプシンの再合成を促すアントシアニンがたっぷり含まれています。
またロドプシンの材料となるビタミンA、細胞の老化を防ぐビタミンEなども含まれています。
では、視力を回復するためには一日あたり、どれぐらいのブルーベリーを摂取すればよいのでしょうか。

 

臨床試験結果による摂取量の目安

 

ブルーベリーが目に良いというのは、臨床試験結果によって明らかになっています。
某臨床試験結果では、目のかすみや物のちらつきの改善に対して有意な改善効果が証明されました。
また、目の疲労感に対しては顕著な改善効果があるということが分かっています。
この臨床試験では、一日に250mgのブルーベリーが用いられました。
ちなみに別の臨床試験では、一日に160mgのブルーベリーエキスを摂取することで、近視の改善に顕著な効果が出ています。
このような臨床試験を参考に一日の摂取量を考えると、近視の改善では160mg目の疲れや疲れによるトラブルの改善には250mgを摂取するのが有効なのが分かりますね。

 

実際にはどれだけ摂取すれば良い?

 

mg単位での表記では、どれぐらい摂取すれば良いかが分かりづらいですね。
では、実際にはどれだけのブルーベリーを摂取すれば良いのでしょうか。
現時点で提示されているのは、生のブルーベリーでは一日20粒から30粒となっています。
乾燥ブルーベリーなら約30粒、ブルーベリーエキスであれば120mgから250mgというのが必要な一日あたりの摂取量です。
生のブルーベリーを毎日30粒というのは大変ですが、最近は冷凍のブルーベリーも販売されています。
冷凍なら傷む心配もないので、比較的手軽に摂取できるでしょう。
ただ、生でも乾燥でも冷凍でも、ブルーベリーは安い果実ではないので、視力回復のために毎日続けるにはコストがかかるのがデメリットかもしれません。

 

 

過剰摂取による副作用はないの?

 

疲れ目やかすみ目の改善に効果があると人気のブルーベリーは果物ですから、副作用の心配をする方は少ないでしょう。
ですが、ブルーベリーに限らず健康への効果が期待できる成分であっても、過剰摂取は副作用が起こる可能性があります。
目のためにたくさんブルーベリーを摂取しよう、と思っている方は、副作用に関しての知識も学んでおく必要があるのです。

 

副作用はあるの?

 

前述したことと矛盾してしまいますが、結論から言うとブルーベリーに重篤な副作用はありません
そもそも体に異常をきたすほど、ブルーベリーを大量に食べる人はいないでしょう。
ブルーベリーには果糖が入っていますが、かなりの量を食べなければ血糖値が急上昇することもありません。
カロリー自体も少ないですし、コレステロールにおいてはゼロです。
例えば、1トン食べたとなれば何らかの異常が起こる可能性はありますが、それだけ食べるのはかなり大変なことです。
ただしブルーベリーにはビタミンCやビタミンE、ビタミンAなどが含まれています。
この中でも、特にビタミンAは過剰摂取に注意が必要なので、いくらブルーベリーが安全だとしても多量摂取は控えましょう。

 

ビタミンAを過剰摂取するとどうなるの?

 

ビタミンAは粘膜を強化したり、ロドプシンの材料となるので目の健康には欠かせません。
しかし、必要以上に摂取をすると頭蓋内圧が高くなるという副作用があります。
この副作用は脳が圧迫された状態になるため、めまいや頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が引き起こされます。
さらに長期間多量摂取が続くと、骨や関節に痛みが発症したり、脱毛や食欲不振、そしてビタミンAを分解する肝機能に障害が出ることもあります。
特に注意したいのは妊婦さんです。
妊婦さんがビタミンAを摂りすぎると、胎児の先天異常や形態異常のリスクが高くなります

 

ただしこういった副作用は脂溶性ビタミンAのレチノールだけで、βカロテンなら問題ありません

 

副作用のリスクを回避するには

 

基本的に副作用がないブルーベリーですが、それでもビタミンの過剰摂取は体に良くありません。
ですが、ブルーベリーをどれぐらい食べると過剰摂取になるのか、というのを計算するのは難しいですね。
ですので副作用のリスクを回避しながら栄養素を摂取したいのであれば、サプリメントを活用しましょう。
サプリメントであれば、必要な栄養素をどれだけ摂取しているかが1粒単位で把握できます。
量が把握できていれば多量摂取することはないので、副作用のリスクも回避できます。

 

ブルーベリーで目の健康を保つためには多量摂取しないことがポイントなので、ビタミンなどの栄養素の量を正しく把握出来る摂取方法を取り入れてください。

 

 

 

コストをかけずに必要な量を摂取するには

 

視力回復に役立つとしても、毎日ブルーベリーを食べ続けるというのはなかなか大変なことです。
そこで活用したいのがブルーベリーサプリメントです。
ブルーベリーサプリメントであれば、ブルーベリーを食べるよりもかなりコストを抑えられます。
サプリメントでは効果が低いイメージがあるかもしれませんが、ブルーベリーサプリメントの有用性はしっかり確認されています。
また、サプリメントならいつでもどこでも手軽に摂取できるので、忙しくてフルーツを食べている時間がないという方にもおすすめです。

 

視力回復のためには、摂取量だけではなく続けることも大事なので、必要量を摂取しやすい方法を実践してください。

 

おすすめのブルーベリーサプリメントはこちら→ブルーベリーのサプリで目を守ろう!おすすめはこれ!